メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
きょうのセカンドオピニオン

悪性胸膜腫の治療法は=答える人・多田裕司教授(国際医療福祉大熱海病院・呼吸器内科)

 Q 悪性胸膜腫の治療法は

 アスベスト(石綿)を扱う仕事をしていないのに、夫が5月に悪性胸膜腫と診断されました。抗がん剤を使っていますが、効果的な治療法はありますか。(大阪府、女性、70歳)

 A 臨床試験参加も一手

 悪性胸膜中皮腫は、肺を包む胸膜の中皮細胞にできるがんです。健康診断の胸部レントゲン撮影で偶然見つかるケースもありますが、診断が難しく、「胸水がたまって呼吸が苦しい」「せきが出る」などの症状が出るころには進行していることも多い病気です。

 原因は石綿で、日本では2006年から使用が全面的に禁止されています。潜伏期間が20~40年と長く、…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文832文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです