メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/353止 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 言葉が富次郎の喉元まで出てきて、つっかえた。

「かまわないんですか。厄介なことになるかもしれないのに」

「百物語を聞くのも、充分に厄介なことを引き寄せる趣味だと存じますが」

 今度は、富次郎は口を開けることもできなかった。息を呑(の)んで店主を見つめる。

「先にお会いした際には、私はお客様のお顔を存じませんでした。あとで、斜(はす)向かいの瀬戸物屋が教えてくれたんです」

 あれは変わり百物語で評判の袋物屋、三島屋の若旦那だよ、と。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです