メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

涙の通り道、留意必要=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 前回、まぶたは眼球を保護するだけではなく、涙の調整にも重要な役割を果たしていることをお話ししました。涙は目を潤しながら、目頭にある涙の通り道(涙道)を伝わって鼻の中に流れて出ます。ですから、目頭付近の深いキズには、この涙道損傷に留意する必要があります。涙道をちゃんと修復しておかないと、涙が常にもれたり、目やにがたまったりするなどの症状で日常生活に支障を来すようになるからです。

 6歳の女の子が、転倒した際に左の目頭を縁石にぶつけ、救急外来を受診しました。瞬間的なまばたきにも順…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです