メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 聴覚障害者とがん医療=白十字訪問介護ステーション統括所長・秋山正子

意思疎通のため環境整備を

 7月7日、東京都内で「がんば聾(ろう) 啓発イベント」が東京都聴覚障害者連盟の協力で開かれ、雨にもかかわらず、約150人が集まった。

 対象が聴覚障害者、手話通訳者、医療従事者らということで、会場の公用語は手話。拍手も手話で表現するので、パチパチという音ではなく、両手を上げてひらひらと舞うように細かく振る動作を一斉に行う。静かな中に仲間意識の一体感が生まれ、それは圧巻。熱心にメモを取りながらも、手話で隣近所の方との会話がはずんだ。

 この「がんば聾」は聴覚障害を持つ皆川明子さんががんの診断や治療を受ける過程でさまざまな困難に直面し…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1126文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです