メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

チケット、20競技68万枚 追加抽選、来月8日から

 東京五輪チケットの第1次抽選販売で、一枚も当選しなかった応募者を対象にした追加抽選販売の申し込み受け付けが来月8日未明に始まる。販売されるのは陸上や野球など20競技の68万枚余りで、メダルを懸けた試合も含まれる。大会組織委員会が30日発表した。

 組織委によると1次販売では512万人が申し込み、96万人が当選した。最終的に322万枚が購入された。今回は落選した416万人が対象で、前回応募しなかった人や当選しながら購入を見送った人は含まれない。

 チケットはビーチバレーやホッケー、サッカーなど団体球技の予選が中心だが、陸上の男子マラソンや、男子1万メートル、女子5000メートルの決勝、野球、ソフトボール、サッカー女子の3位決定戦なども売り出される。開閉会式は含まれない。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです