メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

羽田新ルート 飛行高度引き上げ

 東京五輪・パラリンピックに向けて羽田空港の国際線の便数を増やすために東京都心上空を飛行する新ルート計画について、国土交通省は30日、騒音対策として従来より飛行高度を引き上げる方針を都や都内の関係自治体に説明した。定期航空便のダイヤが切り替わる来年3月29日から運用する方針も明らかにした。埼玉や千葉などの関係自治体も参加する協議会を8月上旬に開いた上で、正式決定する。

 国交省は、羽田空港の国際線の年間発着回数を現在より3万9000回増やして9万9000回にするため、都心上空を飛行する新ルートを計画。現在は東京湾上空を通って東か南側から進入するルートしか認められていないが、新ルートでの着陸は東京23区を北西から南東方向に縦断し、段階的に降下する。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです