メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

消えゆく小学校プール開放 人手不足や熱中症、負担重く

監視員の確保ができず、プール開放中止が決まった福岡市立小学校=福岡市西区で、飯田憲撮影

 夏休みの小学校のプール開放が監視員不足で姿を消しつつある。共働きの家庭が増えるなど保護者の協力が得られなくなったのに加え、警備業者の慢性的な人手不足も影響している。近年の猛暑による熱中症の危険性も開放中止の動きにつながり、かつての「夏の風物詩」が曲がり角を迎えている。【飯田憲】

 「できれば開放したかったが、やむを得ない」。今夏のプール開放を中止した福岡市西区内の小学校の男性校長が嘆息した。同校では毎年、教職員や大学生に監視員を頼んでいた。開放時間は午前と午後の各2時間。1日平均約80~100人の児童が水しぶきをあげていた。しかし、今年は監視員を頼める大学生を確保できず、保護者にも声をかけたが集まらずに断念した。

 福岡市によると、保護者や地域住民が監視員を務めた小学校と特別支援学校は、2016年度に約150校中…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです