衆院の事前バリアフリー化、与党内でも温度差 自民・国対委員長は否定的

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 自民党の森山裕国対委員長は31日、重度障害者が議員活動できるよう、あらかじめ衆院でバリアフリー化工事を行うことについて「予測されないことで予算を使うのは慎まなければならない」と述べ、否定的な見解を示した。東京都内で記者団に語った。

 一方、衆院議院運営委員会では29日に、衆院のバリアフリー化を庶務小…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

あわせて読みたい

ニュース特集