特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

日本の競争力低下を考える

「日本経済に必要なのはダイバーシティー」 コンサルティング会社社長・佐々木かをり氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イー・ウーマンの佐々木かをり社長=東京都港区で2019年7月11日、竹内紀臣撮影
イー・ウーマンの佐々木かをり社長=東京都港区で2019年7月11日、竹内紀臣撮影

 女性は家庭を支え、男性は仕事に打ち込む――。戦後日本の高度経済成長を支えた性別役割分担は、バブルとともに崩壊した。平成の30年間で15~64歳の女性の就業率は7割に上昇し、性別や年齢、宗教や国籍などの「多様性(ダイバーシティー)」が企業の競争力を高めると言われる。しかし、日本での浸透には壁が多いようだ。コンサルティング会社社長の佐々木かをり氏に、女性活躍を阻む壁について聞いた。【今村茜/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2508文字(全文2717文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集