メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郵政社長、かんぽ問題陳謝「信頼裏切った」 早期辞任は否定

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、親会社である日本郵政の長門正貢社長は31日、記者会見を開き、「郵便局に対する信頼を大きく裏切ることになり断腸の思い。ご迷惑やご心配をおかけし、おわびする」と謝罪した。二重契約など顧客に不利益を与えた可能性のある契約が、2014年4月~19年3月の5年間で18万3000件に上ることも明らかにした。

 不正販売を助長したと指摘されていた日本郵便による販売ノルマは、今年度分を廃止すると表明した。保険商品販売については、がん保険と自動車保険を除いて当面自粛する。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 性暴力で妊娠、中絶手術に「加害者の同意」が必要? 弁護士ら改善求める

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです