メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「医療保険制度」巡り左派と穏健派が衝突 米大統領選・民主党候補者選出2回目討論会前半

 2020年米大統領選で共和党のトランプ大統領と戦う民主党の候補者を選ぶための2回目のテレビ討論会が7月30日、中西部ミシガン州デトロイトで行われた。左派を代表するサンダース(77)、ウォーレン(70)両上院議員が大企業を批判し、社会の大きな変革の必要性を強調。これに対し、穏健派の候補が「非現実的だ」と批判する場面が目立った。

 CNNテレビ主催の討論会は、参加が20人と多く、同30、31日の2回に分け10人ずつが討論する。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです