特別支援学校の生徒急増 施設不足が深刻化 埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
戸田翔陽高敷地内では特別支援学校建設に向けた工事が進んでいる=戸田市で、山越峰一郎撮影
戸田翔陽高敷地内では特別支援学校建設に向けた工事が進んでいる=戸田市で、山越峰一郎撮影

 埼玉県内で特別支援学校に通う生徒が急増し、受け入れ施設の不足が深刻化している。県は学級の増設を進めるとともに、2021年度に県内で初めて普通科高校敷地内に特別支援学校を設置し、障害児と健常児がともに学ぶ「インクルーシブ教育」の旗艦校としたい考えだ。参院選で重い障害を持つ候補者が当選し、共生社会への関心が高まる中、識者は「施設の確保と教員の質向上も必要だ」と指摘する。【山越峰一郎】

 県教育委員会によると、特別支援学校に通う児童・生徒の7割を占める知的障害の児童・生徒数がここ10年間で増加を続けている。08年度には3597人だったが、18年度には5896人と1・6倍になった。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1161文字)

あわせて読みたい

ニュース特集