吉本、「死亡でも免責」規約に同意求める 「NSC」合宿参加の生徒から

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
吉本興業
吉本興業

 吉本興業が、芸人養成所「NSC」の合宿に参加する生徒に対し、合宿中の死亡や負傷について原因に関係なく吉本興業を免責し、賠償請求権も認めないとする規約に同意するよう求めていたことが31日、明らかになった。同社によると、顧問弁護士の指摘を受け5年前に内容を見直したが、その後担当者が代わり、誤って古い内容の規約を配布してしまったという。識者からは「責任逃れの誓約書で、『芸人ファースト』の実態が伴っていない」との批判が出ている。

 NSCは吉本の養成所で、東京や大阪など全国7カ所にある。合宿は今年9月に各校から希望者が参加して実施される予定で、参加希望者には規約に同意する誓約書の提出を義務づけている。吉本興業によると、「規約及び注意事項」には15項目の順守事項が含まれ、その中に「合宿中、負傷した場合、またこれらに基づいた後遺症が発生した場合、あるいは死亡した場合においても、その原因のいかんを問わず吉本興業株式会社に対する責…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文1045文字)

あわせて読みたい

ニュース特集