メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子の食事、無理せず外注 弁当・家事代行で準備の負担減 子育て世代のニーズに応える

シェアダインから派遣された栄養士(左)から完成した料理の説明を受けるオスピーナ順子さん(右)=東京都目黒区で、椋田佳代撮影

 我が子の日々の食事の準備に悩む親たちが、家事代行サービスの作り置きや幼児向けの弁当を利用する動きが広がっている。子どもの食事は離乳食と異なり調理法の情報が少なく、大人用より味付けを薄くする配慮も必要になるため、忙しい子育て世代のニーズに応えた格好だ。

 「サラダがおいしいって、息子がおかわりしてくれたんです」。6月上旬、東京都の会社員、オスピーナ順子さん(42)は作りたての料理を前に声を弾ませた。テーブルには、出張作り置きサービス「シェアダイン」(東京都渋谷区)の栄養士が作った小松菜のナムルやハンバーグなど11品が並ぶ。長男海人ちゃん(2)は野菜が嫌いだったが、2月に初めてシェアダインを利用すると進んで食べるようになった。葉に苦みがある小松菜は茎を使うなどの工夫が効果的だったようだ。

 オスピーナさんは「家事を完璧にやろうとしてストレスがたまっていたが、平日の帰宅後に気持ちの余裕ができた。食材の組み合わせなど勉強にもなる」と話す。サービスの利用料は1回約5000~1万2000円(材料費別)で、大人の分も一緒に作ってもらえる。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです