メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イワガキの素潜り漁が最盛期 「例年になく身入りいい」 山形・庄内浜

岩のように見えるイワガキを一つ一つ丁寧に清掃・整形する「牡蠣たたき」に精を出す漁師たち=山形県遊佐町の吹浦漁港で、高橋不二彦撮影

 山形県で天然イワガキの素潜り漁が最盛期を迎えている。「吹浦(ふくら)の岩牡蠣(がき)」のブランドで知られる同県遊佐町の吹浦漁港には、近隣の岩礁や突堤などで漁を終えた漁船が昼ごろに次々と帰港。漁師たちはイワガキに付着した海藻をナタなどで取り除き、余分な殻をたたき落とす「牡蠣たたき」と呼ばれる作業に取…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです