「三鷹事件」 再審請求を棄却 竹内元死刑囚長男が申し立て 東京高裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
駅前の建物に突っ込んだ暴走電車=三鷹市で1949年7月撮影
駅前の建物に突っ込んだ暴走電車=三鷹市で1949年7月撮影

 戦後混乱期の1949年、旧国鉄三鷹駅構内で無人電車が暴走して脱線し、通行人ら6人が死亡した「三鷹事件」で、電車転覆致死罪で死刑が確定した竹内景助元死刑囚(45歳で獄死)の長男が申し立てた第2次再審請求審について、東京高裁は31日、再審開始を認めない決定を出した。

 事件は49年7月15日夜に発生。事故前…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文280文字)

あわせて読みたい

注目の特集