障害者施設で中1男子死亡 のどに料理詰まらせ 大阪府警捜査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中学1年の男子生徒が昼食をのどに詰まらせて亡くなった、障害者福祉施設「桜の園」=大阪府守口市で2019年7月31日午後0時51分、山本康介撮影
中学1年の男子生徒が昼食をのどに詰まらせて亡くなった、障害者福祉施設「桜の園」=大阪府守口市で2019年7月31日午後0時51分、山本康介撮影

 大阪府守口市の障害者福祉施設「桜の園」で6月、中学1年の伊藤健斗さん(12)=守口市=が食事をのどに詰まらせ、7月5日に死亡していたことが施設などへの取材で判明した。伊藤さんはあごの筋肉が弱く、食事を細かく刻む必要があったが、施設側は市の聞き取りに「いつもより細かく切らずに提供した」と説明。府警守口署は業務上過失致死の疑…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集