メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「キングダム」無断掲載の2容疑者、報酬わずか 漫画村運営者が大半独占か

福岡県警本部=森園道子撮影

[PR]

 海賊版サイト「漫画村」(昨年4月閉鎖)の著作権法違反事件で、福岡県警などの合同捜査本部は31日、人気漫画「キングダム」の画像を無断で掲載したとして、男女2人を同法違反容疑で再逮捕した。2人はサイト運営管理者の星野路実(ろみ)容疑者(27)らの指示で人気漫画の無断掲載を繰り返していたとされるが報酬は少額で、違法に稼いだ収益の大半は星野容疑者と側近が独占していたとみられる。

 2人は、東京都中野区のアルバイト、藤崎孝太(26)と、東京都府中市の派遣社員、伊藤志穂(24)の両容疑者。再逮捕容疑は、2017年5月11日ごろ、週刊ヤングジャンプ(集英社)の最新号に掲載された「キングダム516話」の画像を漫画村に掲載し、作者の原泰久氏の著作権を侵害したとしている。藤崎容疑者は容疑を認め、伊藤容疑者は否認しているという。

 2人は別の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の画像をサイトに掲載したとして、7月10日に逮捕されていた。捜査関係者によると、漫画村は、現在フィリピンで拘束されている星野容疑者と側近とされる所在不明の男が主導し、10人以上が関与していたとみられる。藤崎、伊藤両容疑者らは、週刊誌の最新号が出るとネット上に出回る最新話の画像を海外サイトから入手し漫画村に掲載、不特定多数の人が無料で読めるようにしていた。

 漫画村は国内最大規模の海賊版サイトで、星野容疑者らが得ていた広告収入は少なくとも数億円に上るとみられる。一方、関係者によると、藤崎容疑者が受け取っていた報酬は月額4万~10万円で、藤崎容疑者の元交際相手の伊藤容疑者はほとんど受け取っていなかった。

 キングダムは06年に連載が始まった紀元前の中国を舞台にした時代劇。単行本発行部数は4000万部を超え、今春には実写版の映画も公開された。【平塚雄太、浅野孝仁、中里顕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです