メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英会話「苦手」どう克服? スピーチは成果、「複数でやりとり」難しく 学力テスト

全国学力テスト中学・英語「話す」の問題(上)と、この問題の正答率と授業手法の関係

 英語を聞いたり読んだりする力はあるが、会話は苦手――。31日に結果が公表された2019年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)。初めて実施された英語ではこんな中学生の特徴が浮かび上がった。以前から課題と指摘されてきた「話す力」をどう伸ばすか。学校では模索が続いている。

 「話す」で出題されたのは5問。例えば――。海外のテレビ局からインタビューを受けるという設定で、将来の夢や、その実現のために頑張っていることを答える。考えをまとめるのに1分、解答に30秒の時間が与えられる。正答率は45・8%で5問中最も高かった。

 一方、最も低かったのは、ある写真を見ながら会話する2人のやりとりを聞き、質問するという問題。2人の…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです