天然記念物コウノトリに「トラバサミ」 原則使用禁止、兵庫県警「事実関係を確認」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
左足に狩猟のわな「トラバサミ」が挟まっていた当時のコウノトリ=兵庫県豊岡市城崎町今津で、同市提供
左足に狩猟のわな「トラバサミ」が挟まっていた当時のコウノトリ=兵庫県豊岡市城崎町今津で、同市提供

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)などは31日、国の天然記念物・コウノトリの幼鳥が、原則使用が禁止されているわな「トラバサミ」(直径10センチ)に足を挟まれたと発表した。自力で脱出したが、足の指1本が壊死(えし)して脱落した。県警豊岡北署は「捜査を視野に事実関係を確認する」としている。

 負傷したのは「ハチゴロウの戸島湿地」(同…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

ニュース特集