各地で気温上昇 147カ所で猛暑日 830人が熱中症の症状

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 31日は日本列島が広く高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。気象庁によると、全国926の観測地点のうち147カ所が35度以上の猛暑日、630カ所が30度以上の真夏日となった。また、毎日新聞が東日本の18都道県に確認したところ、同日午後10時までに少なくとも830人が熱中症の症状を訴え、救急搬送されるなどした。埼玉県深谷市では男性(87)が自宅で倒れ、熱中症の疑いで死亡。宮城県東松島市ではプレジャーボートの中で無職男性(78)が倒れているのが見つかり、死亡が確認…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

注目の特集