連載

麗しの島から

台湾や香港の幅広い話題を現場からお伝えします。

連載一覧

麗しの島から

受験で着る「勝負服」を神前で拝む 台湾の大学受験事情を探った

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台北市の道教の寺院「文昌宮」では大勢の受験生や保護者が合格祈願をしていた。手前には縁起物が並んでいる=2019年6月28日、陳瑞涓撮影
台北市の道教の寺院「文昌宮」では大勢の受験生や保護者が合格祈願をしていた。手前には縁起物が並んでいる=2019年6月28日、陳瑞涓撮影

 台湾の受験競争も日本と同様、激しい。台湾では大学の新学年は9月に始まる。初夏の台北の寺院は、試験を控えた合格祈願の受験生であふれていた。日本と同じく進学塾に通う生徒も多い。近年は海外志向の学生も増えているという。台湾の受験事情を取材した。

道教寺院は験担ぎの受験生と保護者でいっぱい

 「どうか第1志望の大学に合格しますように」。6月28日、 台北市にある道教の寺院「文昌宮」。大勢の受験生や保護者が、一心不乱に祈りをささげていた。日本の大学入試センター試験と似た統一試験「大学入学指定科目考試」(指考)を7月1~3日に控えて行われた合格祈願式だ。

 文昌宮のご神体「文昌帝君」は中国で学問の神として知られ、台湾では「受験の神様」として最も有名だ。日本の受験生が菅原道真をまつる太宰府天満宮(福岡県)や北野天満宮(京都市)で合格祈願をするのと似ている。

この記事は有料記事です。

残り3145文字(全文3520文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集