メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

受験で着る「勝負服」を神前で拝む 台湾の大学受験事情を探った

台北市の道教の寺院「文昌宮」では大勢の受験生や保護者が合格祈願をしていた。手前には縁起物が並んでいる=2019年6月28日、陳瑞涓撮影

 台湾の受験競争も日本と同様、激しい。台湾では大学の新学年は9月に始まる。初夏の台北の寺院は、試験を控えた合格祈願の受験生であふれていた。日本と同じく進学塾に通う生徒も多い。近年は海外志向の学生も増えているという。台湾の受験事情を取材した。

道教寺院は験担ぎの受験生と保護者でいっぱい

 「どうか第1志望の大学に合格しますように」。6月28日、 台北市にある道教の寺院「文昌宮」。大勢の受験生や保護者が、一心不乱に祈りをささげていた。日本の大学入試センター試験と似た統一試験「大学入学指定科目考試」(指考)を7月1~3日に控えて行われた合格祈願式だ。

 文昌宮のご神体「文昌帝君」は中国で学問の神として知られ、台湾では「受験の神様」として最も有名だ。日本の受験生が菅原道真をまつる太宰府天満宮(福岡県)や北野天満宮(京都市)で合格祈願をするのと似ている。

この記事は有料記事です。

残り3145文字(全文3520文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです