メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ダイハツの後付け安全装置「つくつく防止」が5代目ムーヴと初代ミラ イースに対応

情報提供:カートップ

ダイハツの後付け安全装置「つくつく防止」が5代目ムーヴと初代ミラ イースに対応

スマアシ未搭載の既販車にも安全装置を搭載することができる

 ダイハツ工業は7月29日、ペダルを踏み間違えた際などに起きる急な発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止」の搭載車種を拡大し、発売した。価格(税込み)は3万4560円。

 今回新たに対象に加わる車両は5代目「ムーヴ」と初代「ミラ イース」の2モデル。装置の構成部品や制御の仕組みは従来同様とし、対象車種を拡大することで、より多くのユーザーに「安全・安心」を届けることができるとしている。

つくつく防止

 つくつく防止はペダルの踏み間違い事故による衝突被害を軽減することを目的に開発した。現在乗っているクルマに後付けでソナーセンサーやコントローラー、インジケーターなどを装着でき、誤操作による重大事故の減少に貢献する。

つくつく防止

 ダイハツでは2018年12月に2代目タントを対象に後付け安全装置の販売をスタート。2019年4月までに対象車種を6車種にまで拡大した。今回の対象車種拡大では、合計で7車種8モデルに搭載することができるようになった。

 これにより、ダイハツ車の現保有台数の約970万台のうち、約半数の車両が予防安全機能「スマートアシスト」搭載車もしくは後付け安全装置の対象車両となる。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです