メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

惨劇背負い 被爆した祖母の手記発見 8月6日に平和の鐘

祖母美津子さんの手記を持つ面出明子さん=広島市西区で7月25日、大西達也撮影

 今年の広島原爆の日(8月6日)の平和記念式典で、遺族代表として広島市西区の面出(めんで)明子さん(49)が「平和の鐘」を突くことになった。被爆した祖母美津子さん(2008年に88歳で死去)が当時の出来事を振り返った手記が昨年11月に見つかったばかり。大役を担う明子さんは「祖母が背中を押してくれているような気がする」と話す。

 日本舞踊が趣味だった美津子さんは社交的な性格だった。被爆したことは知っていたが、生前に詳細を聞いた…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです