メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

惨劇背負い 被爆した祖母の手記発見 8月6日に平和の鐘

祖母美津子さんの手記を持つ面出明子さん=広島市西区で7月25日、大西達也撮影

 今年の広島原爆の日(8月6日)の平和記念式典で、遺族代表として広島市西区の面出(めんで)明子さん(49)が「平和の鐘」を突くことになった。被爆した祖母美津子さん(2008年に88歳で死去)が当時の出来事を振り返った手記が昨年11月に見つかったばかり。大役を担う明子さんは「祖母が背中を押してくれているような気がする」と話す。

 日本舞踊が趣味だった美津子さんは社交的な性格だった。被爆したことは知っていたが、生前に詳細を聞いたことがなかった。手記は父隆司さん(77)が偶然、見つけた。便箋8枚で1988年の日付があり、美津子さんが当時を振り返って書いたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです