メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

奈良県立医大に「心」重視の新講座 患者の痛み思いやる医師に

「医師・患者関係学」の講義の進め方の打ち合わせをする奈良県立医大の石井均教授(左)と皆藤章特任教授=奈良県橿原市で

 病と向き合う患者の心に思いを寄せることができる医師を育てたいと、奈良県立医大(細井裕司(ひろし)学長)が今年度からユニークな講座をスタートさせた。「医師・患者関係学」。患者の自己管理が大切な慢性疾患をはじめ、医師が患者と良好な関係を保てなければ良い治療効果が望めない病気が増えていることなどを重視した。医学と心理学の専門家が協力して教育に当たるのが特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです