メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

毎日書道展 全国10会場で 表現、多彩に

 第71回毎日書道展(東京展の国立新美術館会場は4日まで)が今年11月まで、東京、北陸、関西、中国、四国、東北仙台、九州、北海道、東北山形、東海と全国10会場を巡回する。「現代の書」の現況を確認し、書を鑑賞する楽しみを味わっていただきたい。

 毎日書道展の特徴の一つとして、多彩な表現を網羅している点が挙げられる。自由な精神に基づいた時代感覚あふれる表現の一端を紹介する。

 飯田桂子さん「隠心而後動」=写真[1]▽生駒蘭嵩さん「老兎寒蟾泣天色……」=同[2]▽岩田明倫さん「呼聲」=同[3]▽卯中惠美子さん「獻嘉觴」=同[4]▽大川壽美子さん「箱根路をわが越えくれば……」=同[5]▽尾崎學さん「知遇」=同[6]▽加藤裕さん「山の上に山現るる……」=同[7]▽工藤永翠さん「巻珠簾」=同[8]▽篠原茂徳さん「雨雨雨雨」=同[9]▽千葉蒼玄さん「アルゴリズム」=同[10]▽…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです