メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン外相に制裁 資産凍結 対立激化で圧力強化

 トランプ米政権は7月31日、イランのザリフ外相を米国の独自制裁の対象に追加したと発表した。対話の窓口である外相への制裁は異例。ウラン濃縮や中東・ホルムズ海峡周辺を巡る問題でイランとの対立が激化する中、圧力を強めた。イラン側のさらなる反発を招く可能性が高い。

 米国はイランの最高指導者ハメネイ師への制裁を6月24日に発表。その際、ザリフ外相についても近く制裁対象に追加すると表明していた。米国内の資産が凍結され、米国…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです