メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン外相に制裁 資産凍結 対立激化で圧力強化

 トランプ米政権は7月31日、イランのザリフ外相を米国の独自制裁の対象に追加したと発表した。対話の窓口である外相への制裁は異例。ウラン濃縮や中東・ホルムズ海峡周辺を巡る問題でイランとの対立が激化する中、圧力を強めた。イラン側のさらなる反発を招く可能性が高い。

 米国はイランの最高指導者ハメネイ師への制裁を6月24日に発表。その際、ザリフ外相についても近く制裁対象に追加すると表明していた。米国内の資産が凍結され、米国…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです