メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

スープ入焼きそば 栃木県那須塩原市 箸進む、絶妙なコラボ味

スープ入焼きそば。ライスも一緒に頼む人が多い=栃木県那須塩原市の釜彦で

 栃木県那須塩原市の塩原温泉郷で60年以上も親しまれている。丼に盛ったソース焼きそばにしょうゆベースのラーメンスープを注いだご当地麺である。

 発祥といわれる「釜彦」では、3代目店主の遠藤和久さん(48)が毎日8時間、スープをじっくり煮込んでいる。発案当時からのこだわりは、鶏や豚、昆布、野菜から「スープのだしをしっかり取ること」だという。

 注文が入ると、中華鍋で、キャベツと鶏肉を炒め、ゆでた麺と一緒にソースを合わせる。焼きそばを丼に盛る…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです