メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第2原発

全4基廃炉 県内全10基廃炉確定 知事「大切な節目の日」 使用済み燃料 住民、不安の声 /福島

福島第2原発の全4基廃炉の正式決定について、内堀雅雄知事(左)に伝える東京電力ホールディングスの小早川智明社長=福島県庁で

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長は31日、福島第2原発(楢葉町、富岡町)の全4基廃炉を内堀雅雄知事に正式に伝達した。この日午前中の取締役会での決定を受け、県庁を訪れた。県内原発全10基の廃炉が確定したことになり、内堀知事は「過酷な原発事故を経験した県民の強い思いが実現した、大切な節目の日」と歓迎した。【高橋隆輔、渡部直樹】

 正式決定を伝えられた内堀知事は「東電として大変重要な決断であり、県としても重く受け止める」と話し、…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. 「10連休」好調も前後で外出控え 五島は世界文化遺産登録で大幅増 県の4~6月の観光動向調査 /長崎

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです