メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「庸」という文字はふだん、あまり使いませんね。「凡庸」は平凡、取り立てていうほど秀でた能力がないこと。「庸人」は平凡な人、「庸医」なら並の医者、名医ではありません。良い意味の言葉が少ないから、あまり見ないのでしょうか。

 良い意味で使う「中庸」という言葉がありますが、聞いたことがありますか。「かたよりがないこと」という意味の言葉ですが、昔の中国の書物「四書」の中に、これと同じ名前の書があります。四書は儒教について教える四つの古典「論語」「孟子」「大学」「中庸」のことです。

 実はわたしの名前「孟司」は孟子から取ったものです。「孟子」だと「子」が付くから女性とまちがえられる…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文681文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです