メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

4教科で平均以上 小6、中3対象 県内過去最高の結果 /三重

 31日に公表された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、県内の小中学生の平均正答率は5教科のうち4教科で全国平均以上だった。2007年度の調査開始以来、県内の結果は大半の教科で全国平均を下回ってきたが、今回は最も良い結果となった。【田中功一】

 学力テストは、小学6年と中学3年の全児童生徒を対象に4月に実施された。これまで国語と算数・数学は基礎知識を問うA問題と応用力をみるB問題、3年に1度の理科を含め8~10種の調査があった。今回からAとBが統一されたほか、中学に英語が加わり、小6は国語と算数、中3は国語と数学、英語の計5教科で実施された。

 県内ではこのうち、小6の国語と算数、中3の数学が全国平均を上回り、中3の英語も全国と同率。都道府県順位は小6の国語が23位、算数は12位、中3の国語が32位、数学が15位、英語(「話すこと」を除く「聞くこと」「読むこと」「書くこと」の合計)は13位だった。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです