西教寺

宿泊施設・研修道場リニューアル 明智家の歴史味わって 大津 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内装が一新された西教寺の研修道場の大広間=大津市坂本5で、諸隈美紗稀撮影
内装が一新された西教寺の研修道場の大広間=大津市坂本5で、諸隈美紗稀撮影

 戦国武将・明智光秀の菩提(ぼだい)寺として知られる西教寺(大津市坂本5)で宿泊施設として使われている研修道場が老朽化に伴い、7月にリニューアルオープンした。来年には光秀を主人公にする大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」がスタートするなど、今後多くの参拝者が見込まれる。

 研修道場は1973年に建築された3階建ての建物で、132畳の大広間や10~15畳の和室9部屋などを備える。事業者の…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

注目の特集