メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須磨海浜水族園のなかまたち

外来種アメリカザリガニ 好条件の環境、日本になじむ /兵庫

 日本では、外来種が本来ある生態系を脅かし、自然環境や野生生物に深刻な影響を及ぼすことが大きな問題となっています。赤くて大きなハサミを持つアメリカザリガニは、名前の通り日本原産のザリガニではなく外来種です。現在もその分布を広げていますが、一体どのような経緯で日本にやってきたのでしょうか。

 1927年、アメリカのニューオーリンズから神奈川県に、当時食用であったウシガエルの餌として100匹が輸入されました。長い船旅の後、生き残った20匹ほどが、ウシガエルの養殖池に放たれたことが移入のルーツだといわれています。

 その後、大雨により養殖池の水があふれ出した際に逃げ出し、瞬く間に本州各地に分布を広げました。100…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです