メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

県内結果 中学英語は全国21位 中学国語は昨年度下回る /和歌山

 4月に全国の小学6年生、中学3年生を対象に行われた全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果が7月31日、公表された。初調査の中学英語の県内の平均正答率は55%(全国56%)で、全国21位だった。中学国語は昨年度の結果を下回った。県教委は問題文に書かれた情報を整理して内容を正確に理解すること、読み解いたことを基に自分の考えをまとめることに課題があるとしている。【最上聡】

 県内では公立小学校229校の約7300人が国語と算数、公立中学校116校の約6700人が、国語と数学、英語の調査に参加した。私立小・中は参加していない。昨年度まで国語と算数、数学の問題は、基礎Aと応用Bに分かれていたが、今年度から区分をなくした。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです