メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体験的「チボリ検証」考

/中 社長へのヒアリング 閉園までの動き詳細に=倉敷支局・小林一彦 /岡山

2008年11月の坂口社長のヒアリングの前にまとめられていた倉敷チボリ公園事業検証報告書素案の一部=小林一彦撮影

 倉敷チボリ公園事業検証委員会(中村良平委員長)がチボリ・ジャパン(TJ)最後の社長だった坂口正行氏(故人)からのヒアリングを行ったのは2008年11月25日。委員会は当初、同月18日に開いた第4回会議で検証報告書案をまとめる予定だったが、非公開の会議後に取材に応じた中村委員長は「事業終盤の議論がまだ不十分」として再度、会議を開くことを告げた。坂口社長からのヒアリングの可能性もかなり遠回しに示唆したが、同月27日に毎日新聞が「ヒアリングを行った」と報じるまで気付いた他の報道機関はなかった。

 今回、坂口社長のヒアリング記録とともに目にすることができたのは、第4回会議開催前にまとめられていた…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです