メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

小6「全国」上回る 中3は改善も、依然地域格差 県平均 /福岡

 県教委は31日、文部科学省が4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。小学校は3年連続で全国平均を上回った。中学校は4年連続で前年度より改善がみられたが、福岡地区以外は全国平均を下回っており、地域間格差が依然課題となっている。【杣谷健太】

 小学6年と中学3年が対象で、今年度から国語と算数・数学の問題は基礎学力を問うAと応用力を見るBの区分が廃止された。また3年に1度の英語が中学3年で実施された。

 結果は全国の平均正答数を100とした標準化得点で分析。前年度の国語、算数・数学のA、B両問題の標準化得点を合算、平均した得点と比較した。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです