メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

中3、英語「話す」正答3割 「聞く、読む、書く」下回る

 文部科学省は31日、2019年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト、対象は小学6年、中学3年)の結果を公表した。今回初めて中学で実施した英語の平均正答率は56・5%だった。4技能(聞く、読む、書く、話す)のうち「話す」が30・8%(参考値)で低さが際立っていた。20年度実施の大学入試から4技能を重視し、英語民間試験が導入されるが、高校以下の学校で4技能をどうバランス良く指導できるかが課題となる。

 学テは4月に全ての国公立学校と、希望する48・5%の私立学校で実施され、計2万9405校の201万7876人分の結果を集計した。中学校の英語の全体の平均正答率(56・5%)は「話す」を除いた3技能の平均。技能別でみると、「聞く」68・3%▽「読む」56・2%▽「書く」46・4%。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです