メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

短距離弾、試験発射か 高度30キロ、飛距離250キロ

 韓国軍合同参謀本部は31日、北朝鮮が同日午前5時6分、同27分ごろ(日本時間同)、東部の元山(ウォンサン)付近から日本海の北東方向に短距離弾道ミサイルを2発発射したと発表した。韓国軍は飛行距離が短いことなどから、試験発射とみて分析を急いでいる。

 国防省によるとミサイルは2発とも高度約30キロ、飛距離は約250キロと推定されるという。北朝鮮は25日、今回の発射地点から約10キロ離れた虎島(ホド)半島付近から短距離弾道ミサイルを2発発射。前回は2発とも高度約60キロ、飛行距離約600キロとみられ、今回の飛距離はその半分にも満たない。

 北朝鮮はロシアの短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の改良を試行錯誤している。韓国軍は、改良型を新し…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです