メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/2 市民集い遺伝子改変

雑菌などが入らないようにした装置に手を入れ、ゲノム編集の実験をするバイオクラブ参加者=東京都渋谷区で、山下浩一撮影

 「まず、アルコールで手を消毒しましょう」「(微量の液体を量り採る)マイクロピペットを10マイクロリットルにセットしてください」。5月の日曜日。東京都渋谷区の一角に建つビル内の小さな実験室に、30~40代の男女5人が集まり、生物実験に取り組んでいた。

 市民サークル「BioClub(バイオクラブ)」が主催する体験型講座「やってみようゲノム編集」。講師役のジコン・チャンさん(41)の指示に従い、4人が作業を進める。空気中のほこりや雑菌が入らないよう作業スペースを清浄に保つ装置が置かれ、そこに手を入れて実験器具を操る。棚にはフラスコやビーカーがずらりと並ぶ。

 チャンさんは外資系証券会社に勤める傍ら、6年ほど前から米マサチューセッツ工科大のオンライン講座など…

この記事は有料記事です。

残り2296文字(全文2625文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです