メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

台湾総統選の行方 最終盤まで激戦か=論説委員・坂東賢治

再選を目指す台湾の蔡英文総統=ロイター

 来年1月の台湾総統選で再選を目指す民進党の蔡英文(さいえいぶん)総統(62)の対抗馬として最大野党・国民党が昨年11月の統一地方選でブームを巻き起こした韓国瑜(かんこくゆ)高雄市長(62)を擁立した。米中貿易戦争の激化を背景に米国に接近する蔡総統に対し、韓氏は中国との関係安定化で経済浮揚を目指す姿勢だ。統一選では民進党が大敗したが、反政府デモが続く香港情勢が蔡氏の追い風となり、最終盤まで激戦が続くとの予想が一般的だ。

 韓氏は世論調査に基づく党内予備選で鴻海(ホンハイ)精密工業前会長の郭台銘(かくたいめい)氏(68)らに勝利し、7月28日の党大会で正式に総統選候補に決まった。韓氏は「国民党が政権を握ってこそ、安定的発展、平和な両岸関係が実現する」と訴えた。

 蔡総統は2016年総統選で勝利し、8年ぶりに国民党から政権の座を奪った。当初、穏やかな対中姿勢を取ったが、中国は「一つの中国」を中台双方が認めたとする「1992年合意」の受け入れを迫り、これに応じない蔡政権との対話を拒否して外交・軍事的圧力を強めてきた。

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文2108文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです