メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

第90回都市対抗野球大会 ツイッターで気付いた魅力=芳賀竜也(東京運動部)

スタンドを埋め尽くした観客に優勝のあいさつをする千葉市・JFE東日本の選手たち=東京ドームで7月25日、吉田航太撮影

SNS駆使する新時代の幕開け

 新時代の幕開けを実感した13日間の熱戦だった。第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は53万5000人の観衆を集め、千葉市・JFE東日本が出場23回目で悲願の初優勝を果たして閉幕した。大会と日本野球連盟設立70周年の二つの節目に合わせて、直木賞作家の伊集院静さんが作詞し、ヒットメーカーとして知られる林哲司さんが作・編曲した社会人野球の歌「我街(われら)の誇り」が制作され、開会式の入場行進曲として使われた。閉幕した今、この曲を改めて聴くと、宝箱のように魅力が詰まった都市対抗の記憶が鮮烈によみがえる。

 運動記者になって11年目。主に五輪・パラリンピック競技を取材してきたが、今春からアマチュア野球も担…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2040文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです