メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO

トルコ巡りきしむ 露の分断策奏功

 北大西洋条約機構(NATO)加盟国のトルコがロシア製地対空ミサイルS400の導入を決め、NATOがきしみ始めている。旧ソ連(ロシア)に対抗する欧米の軍事同盟として発展したNATOの一員として、防波堤の役割を果たしてきたトルコがロシアへの接近姿勢を強めているからだ。ロシアもトルコの取り込みを狙っており、トルコを巡り欧米とロシアの綱引きが続きそうだ。【エルサレム高橋宗男】

 NATOの懸念に対し、エルドアン大統領は7月14日、「S400はNATOのシステムには統合されない…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1195文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです