メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 民主左派と穏健派、激突 医療保険、深い溝 TV討論会

米大統領選に向けた民主党候補者のテレビ討論会に参加した(右から)オルーク元下院議員、ウォーレン上院議員、サンダース上院議員、ブティジェッジ・サウスベンド市長、クロブチャー上院議員=米デトロイトで30日、AP

 2020年米大統領選で共和党のトランプ大統領と戦う民主党の候補者を選ぶための2回目のテレビ討論会が7月30日、中西部ミシガン州デトロイトで行われた。左派を代表するサンダース(77)、ウォーレン(70)両上院議員が大企業を批判し、社会の大きな変革の必要性を強調。これに対し、穏健派の候補が「非現実的だ」と批判する場面が目立った。

 CNNテレビ主催の討論会は、参加が20人と多く、同30、31日の2回に分け10人ずつが討論する。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文980文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです