メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費増税

ポイント還元低迷 参加申請の企業24万店

 10月の消費税増税に伴い政府が実施するキャッシュレス決済のポイント還元事業について、経済産業省は31日、参加申請した中小企業が30日時点で約24万店と発表した。対象店舗は全国に数百万店あるとされる。政府は準備期間も踏まえて7月中の申請を呼び掛けてきたが、現時点で参加は低調となっている。今後も申請を受け付けるが、集中すれば審査に時間がかかり、店舗によっては10月に間に合わない可能性もある。増税後も申請可能だが、参加企業が少なければ消費冷え込みを防ぐ政策効果が薄れかねない。【竹下理子、本橋敦子、松本尚也】

この記事は有料記事です。

残り1626文字(全文1880文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです