メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議

いらだつ両政府 閣僚級、成果なく終了

 米中両政府は31日、中国・上海で前日から続けてきた閣僚級による通商協議を終えた。厳しい意見対立が続く中、貿易戦争収束に向けた大きな前進はなかった模様だ。中国国営中央テレビは次回協議を9月に米国で行うと報じたが、交渉の長期化は避けられない状況だ。

 約3カ月ぶりとなる協議には、米国からライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官が出席。中国側は劉鶴副首相が交渉責任者を務めた。

 中国側は米国産農産物の購入拡大など「実績」をアピールし、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文704文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです