全国学力テスト

教科別結果 応用力、なお課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2019年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果が公表された。従来のA問題(基礎的知識)とB問題(応用力)を統合した形式に変わったものの、「複数の情報から必要な情報を抜き出して考える」ことなど、浮かんだ課題はこれまでと変わらなかった。都道府県別の平均正答率は過度な競争を防ぐとして小数点以下を四捨五入して整数で発表した。【千脇康平、成田有佳、水戸健一】(分析は文部科学省国立教育政策研究所)

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1462文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集