メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

坂野晶さん=高齢化と人口減に悩む町を「ごみゼロ」で有名に

 徳島県上勝(かみかつ)町。人口約1500人、高齢化と人口減に悩む町を「ゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)」で世界的に有名にした立役者の一人だ。

 大学で環境政策を学んだ。「2020年までにごみをゼロに」と宣言したこの町に遊びに行く中で、政策の実現過程を経験したくなり移住した。

 町と連携しごみ減量に取り組む。町には焼却施設もごみ収集車もない。生ごみは各家庭で堆肥(たいひ)にし、他は町民自らごみステーションに持ち込む。それらを45種類に分別し、資源として活用する。その分、焼却・埋め立てが減り、支出も抑えられる。

 小さな町の大きな挑戦に学びたいと視察が相次ぐ。3割は外国からだ。1月に開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では、若手リーダーの一人として共同議長を務め、英語で実績を紹介した。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです