メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性と感染症

/2 先天梅毒、胎児に命の危険

女性の梅毒患者の年齢別報告数

 <くらしナビ 医療・健康>

 流行が止まらない性感染症の梅毒。患者報告数は昨年ついに7000件を超えた。中でも女性患者が急増し、20代が中心となっている。妊婦から胎児に感染する先天梅毒も増える傾向にあり、専門家は「緊急事態」と警鐘を鳴らしている。「性と感染症」の2回目は、梅毒と妊娠の問題に焦点を当てる。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです