ラグビーW杯2019

3日、PNCトンガ戦 ルーツ越え日本代表に誇り 先駆けラトゥさん、トンガ出身選手の力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラトゥさん
ラトゥさん

 レジェンドに学べ--。ラグビー日本代表は3日、国際大会「リポビタンDチャレンジカップ パシフィック・ネーションズカップ(PNC)2019」第2戦(東大阪市花園ラグビー場)でトンガと対戦する。日本代表は1980年代からトンガ生まれの選手に支えられてきた。今大会の日本代表にもトンガ出身の選手が4人いる。選手たちはその元祖のラトゥ・ウィリアム志南利さん(53)の歩みを学び、気合を入れている。

 「彼がいなければ自分もこの場にいることはなかった」。トンガ出身のロックのヘル(ヤマハ発動機)は先人に敬意を表し、「自分もトンガに勝ちたい」と母国との対決に闘志を燃やした。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集