メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

良いプレー生むルール=小川佳実

 今年は国際サッカー評議会が定める競技規則の大きな改正があった。私は5月から6月にかけてU20(20歳以下)日本代表、U22(22歳以下)日本代表、そして「SAMURAI BLUE」(日本代表)と、それぞれのカテゴリーの選手とスタッフを対象に計3度、競技規則についての説明会を開いた。

 競技規則は英文のため全て和訳しなくてはならない。しかも、英語独特の表現があったり、専門用語が多かったりするので、時間をかけて綿密に作業する必要がある。ルールは審判だけのものではなく、選手を含めたサッカーに関わる全ての人々のものであり、みなさんにルールを理解していただくためだ。

 今回、一番大きな変更となったのはハンドリングだ。これまでの判断基準にあった「ボールとの距離やそのス…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文881文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです